家族葬や1日葬で故人とゆっくり最期のお別れを

なぜ家族葬や1日葬が選ばれているのか

なぜ家族葬や1日葬が選ばれているのか 大切な家族とのお別れはある日突然やってきます。人は死、特に家族の死という物から目を逸らそうとしてしまう傾向があります。そのため、生前からいつか迎える死を受け入れる準備ができていない方の方が多く、いざそのときを迎えてから慌てる遺族の方が大半です。最近では終活も定着しつつありますが、自分だけでできる身の回りの断捨離などは取り組みやすいのですが、家族を巻き込む葬儀に関しては手つかずのまま、なんてこともよくあるケースです。

実際、生前から葬儀に関してしっかりと準備をしている方よりも、全くしていないという方の方が圧倒的に多く、故人の遺志に関係なく遺族の方がすべて手配するケースがほとんどです。そして、この葬儀を行うために精神的にも肉体的にも、さらには金銭的にも遺族にとっては大きな負担となってしまうこともあります。葬儀を行うためには、その前後にも準備や手続きなど多くの手間と時間を要します。特に家族葬や1日葬ではなく、お通夜から行う一般葬の場合にはやらなければならないことも増えます。もちろん葬儀会社に依頼すれば多くの問題は解決しますが、特に喪主をされる方や、今まで葬儀に携わる機会のなかった方にとっては大きな負担であることに変わりありません。

亡くなってから葬儀までの流れを簡単に説明します。法律によって逝去されてから24時間は火葬できません。そして、病院では長時間の安置が難しいため火葬までの間、自宅か安置所、霊安室に安置するのが適切です。また、医師が記載した死亡診断書がないと遺体の搬送が行えないので、死亡診断書を受け取るのを忘れないようにしなければなりません。次に葬儀社との打ち合わせを行います。まず喪主を決め、宗派や葬儀場所などの確認を行い、プランなどの見積もりを出してもらいます。その後、死亡届や火葬許可証などの手続きが必要になります。また、喪服の準備、供花・供物の手配なども行います。その後ご遺体を清めて死装束を着せ、納棺を行います。納棺後は通夜を行います。通夜では受付などは親族が行い、喪主や遺族は着席して参列者の方からの挨拶などに対応することになります。読経、焼香が終わると閉式となりますが、その後に通夜振る舞いを行うのが一般的です。

ここまで、葬儀までの流れを簡単に説明しましたが、この後には葬儀、告別式、出棺、火葬、骨上げ、還骨法要や初七日法要、精進落としが行われます。次から次へとやらなければならないことが出てくるので、一番悲しいはずの遺族が一番忙しく悲しむ暇もないと言われるのがよく分かります。そのため、家族葬や1日葬というスタイルを選択する方が増えています。

最新記事